予備校選びは人生の分かれ道。

「これからの社会、学歴は関係ないと言われました。だから無理せず行ける大学にします」。そんな高校生の声を耳にするたび私たちは大変残念に思います。
なぜなら、大学進学は、「その人が頑張ったという証」だから。それが難関大ならなおさらです。
例えば就職活動でも、その努力はプラスに評価されます。甲乙つけがたい二人がいて一人しか採用できなければ、大学受験でより努力した証を持つ人を採るのは当然とも言えるでしょう。
社会
仲間
また、難関大を目指すもう一つの大きな理由が、「学友の存在」です。
難関大出身者は、社会に出てから様々な分野で活躍しています。国を動かす重要なポスト、最先端の技術者、雇用と富を生み出す企業トップ等など。そんな人財が周りから次々と生まれてきます。大学の友人が内閣総理大臣に!なんてことだってあるかもしれません。
「自分の周りの5人を平均すると自分になる」という言葉もあるくらい、どのような人に囲まれて過ごすかは重要です。未来のリーダー候補の学友たちに囲まれて過ごす学生時代は、とても刺激的。自分の最大限の頑張りと同等もしくはそれ以上に頑張る仲間、自分にはない魅力を持つ仲間と切磋琢磨する大学生活は、無理せず妥協して進学した大学での生活とは明らかに違います。
仲間
さらに、大学時代の友人とのつきあいは生涯続きます。卒業後も、その学友たちの存在が君にとって大きなプラスの影響を与えてくれるでしょう。互いにビジネスで協力し合ったり、世界中に学友たちのネットワークを築いたり、また、君が本当に困った時に助けてくれる存在となったりすることでしょう。
もちろん、教授陣の充実や研究環境なども、大学選びにおいて重要です。これについても難関大ほど充実している傾向があります。
後悔。
「水は低きに流れ、人は易きに流れる」というように、人はついつい楽な道を選んでしまいがちなものです。勉強がうまくいかないときに「学歴は関係ないよ」という言葉を聞くと、逃げたい気持ちから飛びついてしまって、勉強しない理由にしてしまいかねません。自分をより良い環境に置くチャンスを自ら手放してしまうほど悲しいことはありません。大人になってから後悔しても遅いのです。
高校生諸君にそんな後悔をしてほしくないから、私たちは声を大にして言います。
最大限の努力をして、大学受験にチャレンジしてほしい。
そして、君自身の手で合格を勝ち取ってほしい。
大学受験は長期戦です。
最も重要なのは入試のテクニックの習得ではなく、努力を続けられるかどうかです。
大学受験のために予備校を選ぶ場合、教育内容や提供する教育サービスの品質が高いことはもちろん重要です。
でも、最大のポイントは、頑張っている生徒がどれだけいるかに尽きます。
夢と志を持って、猛烈に努力しているたくさんの仲間がいる。
それが私たち東進の「特長」でありまた「こだわり」なのです。
予備校選びは人生の分かれ道。

予備校選びは人生の分かれ道。

「これからの社会、学歴は関係ないと言われました。だから無理せず行ける大学にします」。そんな高校生の声を耳にするたび私たちは大変残念に思います。
なぜなら、大学進学は、「その人が頑張ったという証」だから。それが難関大ならなおさらです。
例えば就職活動でも、その努力はプラスに評価されます。甲乙つけがたい二人がいて一人しか採用できなければ、大学受験でより努力した証を持つ人を採るのは当然とも言えるでしょう。
社会
また、難関大を目指すもう一つの大きな理由が、「学友の存在」です。
難関大出身者は、社会に出てから様々な分野で活躍しています。国を動かす重要なポスト、最先端の技術者、雇用と富を生み出す企業トップ等など。そんな人財が周りから次々と生まれてきます。大学の友人が内閣総理大臣に!なんてことだってあるかもしれません。
「自分の周りの5人を平均すると自分になる」という言葉もあるくらい、どのような人に囲まれて過ごすかは重要です。未来のリーダー候補の学友たちに囲まれて過ごす学生時代は、とても刺激的。自分の最大限の頑張りと同等もしくはそれ以上に頑張る仲間、自分にはない魅力を持つ仲間と切磋琢磨する大学生活は、無理せず妥協して進学した大学での生活とは明らかに違います。
さらに、大学時代の友人とのつきあいは生涯続きます。卒業後も、その学友たちの存在が君にとって大きなプラスの影響を与えてくれるでしょう。互いにビジネスで協力し合ったり、世界中に学友たちのネットワークを築いたり、また、君が本当に困った時に助けてくれる存在となったりすることでしょう。
もちろん、教授陣の充実や研究環境なども、大学選びにおいて重要です。これについても難関大ほど充実している傾向があります。
後悔。
「水は低きに流れ、人は易きに流れる」というように、人はついつい楽な道を選んでしまいがちなものです。勉強がうまくいかないときに「学歴は関係ないよ」という言葉を聞くと、逃げたい気持ちから飛びついてしまって、勉強しない理由にしてしまいかねません。自分をより良い環境に置くチャンスを自ら手放してしまうほど悲しいことはありません。大人になってから後悔しても遅いのです。
高校生諸君にそんな後悔をしてほしくないから、私たちは声を大にして言います。
最大限の努力をして、大学受験にチャレンジしてほしい。
そして、君自身の手で合格を勝ち取ってほしい。
大学受験は長期戦です。
最も重要なのは入試のテクニックの習得ではなく、努力を続けられるかどうかです。
大学受験のために予備校を選ぶ場合、教育内容や提供する教育サービスの品質が高いことはもちろん重要です。
でも、最大のポイントは、頑張っている生徒がどれだけいるかに尽きます。
夢と志を持って、猛烈に努力しているたくさんの仲間がいる。
それが私たち東進の「特長」でありまた「こだわり」なのです。
予備校選びは人生の分かれ道。
    東進ドットコム > 東進タイムズ TOSHIN TIMES > 東進タイムズ
LINE twitter Instagram Facebook