共通テストニュース 新課程入試について

英語 大岩秀樹先生の学習アドバイス

ENGLISH

英語

大岩秀樹先生

大岩秀樹先生

先生の情熱あふれる授業は、英語アレルギーの生徒でさえ英語好きに変え、英語を得意科目にしてくれる。また、『英文をカタマリで読み解く』『本物の基礎力にこだわった明るく楽しい』授業は、幅広いレベルの受験生から大好評! 「知らず知らずのうちにどんな問題にも通用する本物の力が身につく!」と評判の気鋭の講師。著書は50冊以上。

受験生 のキミへの学習アドバイス

 共通テスト直前で確認しておきたいことは、あたかも大問ごとに解き方が決まっているかのような解法になっていないかどうかです。現時点では毎年出題形式が異なるのが共通テストの傾向の1つと言えます。問題と対峙したときに、「何が問われているのか=どのように解けば効率よく解答できるのか」を考えることも共通テスト対策として必要なことです。直前期はもう一度過去問に取り組み、なぜそのような解き方をしたのかという、思考プロセスを再確認しておきましょう。

 また共通テスト後の私大や国公立大を意識した学習を心がけましょう。近年の大学入試では総語彙数増加の傾向にあり、定められた試験時間内での完答が難しい大学も増えています。試験本番に確実に得点すべき「本当の課題」に焦点を当てた学習を心がけましょう。

 最後に、基礎単語と基礎文法は最後まで意識的に取り組んでください。誰もが正解する問題には確実に正解することが、志望校合格への最低条件となります。「入試までの数ヶ月で忘れる方が自然である」ということを肝に銘じ、試験直前まで積極的に反復してもらいたいと思います。


WEB限定アドバイス

 近年の大学入試では総語彙数増加の傾向にあり、定められた試験時間内での完答が難しい大学も増えているとお伝えしました。制限時間を考慮した場合、過去問から見えてきた「課題」は、受験本番で必ず正解すべき必須知識を問う問題なのか、不正解でも合否に大きな影響がないような知識、つまり試験当日は解けたら幸運というレベルの問題かどうかを考慮し、試験本番に確実に得点すべき「本当の課題」に焦点を当てた学習を心がけましょう。

  本紙では、基礎単語と基礎文法は最後まで意識的に取り組んでほしいとお伝えしました。特に、国公立大学の場合は記述式が多く、英文和訳や英作文では、その両方がないと全く太刀打ちできません。英文和訳や英作文以外の問題でも、誰もが正解する問題には確実に正解することが、志望校合格への最低条件となります。これから直前期にかけ、より高難度の学習に目が行きがちですが、結果として基礎事項が抜けてしまうことは十分に考えられます。

 受験までに残された時間は、すべての受験生に平等です。不安を感じることもあるでしょうが、その気持ちを抱えながらも、「やるべきこと」をやって前進した者が合格していくのが入試です。日々、一歩一歩前進して、合格までの距離を確実に縮めていってください。

新高3・2生 のキミへの学習アドバイス

 受験学年になる前に取り組むべきは、何といっても強固な基礎固めです。単語・熟語・文法だけでなく、自分のレベルに合った長文読解・リスニング・英作文などにも触れ、バランスの良い学習を心がけましょう。また、できれば今すぐに志望校の過去問に一度目をとおしてみましょう。解く必要はありません。基礎固めの次に何をする必要があるのか、言い換えれば、ひととおりの基礎学習をいつまでに終わらせる必要があるのかを知るためです。

 近年、大学入試は難化傾向にあります。しかし、一言で難化と言っても、より抽象度・専門性の高い英文の出題をする大学もあれば、標準的な英文だが総語彙数が増加している大学など、難化の形式はさまざまです。タイプが異なれば、トレーニング方法も、かかる時間も大きく異なります。

 「情報Ⅰ」が入試に加わるなど、学習量そのものが増えることも想定した学習計画が必要です。今すぐに始めてもけっして早くはない。それが大学受験というものであることを理解し、志望校に合格するための準備を計画的に進めていきましょう。


WEB限定アドバイス

 大学受験の英語は、ある意味では特殊な試験と言えます。英会話では細かな文法の間違いなど気にしませんが、英作文ではその細かな間違いで減点され、英文和訳では「上手な日本語に変換する技術」までもが求められます。それらに対応するためには、基本をしっかりと理解することです。そうすることで、問題に対応する力がつくだけでなく、基本のしっかりした英会話力などにもつながっていきます。正しく大学受験への学習を行い、未来へつながる英語力を身につけましょう。