共通テストニュース 新課程入試について

地理 村瀬哲史先生の学習アドバイス

地理

村瀬哲史先生

村瀬哲史先生

地理に多くの時間はかけられません。だからといって「覚えるだけ」と思っていませんか?もちろん知識量が多いと解答しやすくなるのは事実です。しかし、地理には「何でそうなるのか」という理由があります。丸暗記ではなく、「そうだったのか!」と気づき理解できたことはなかなか忘れません。地理を理解する、考えることがおもしろくなる、そのような授業を行います。

受験生 のキミへの学習アドバイス

 共通テストやセンター試験の過去問などを使って問題演習をどんどん行ってください。実際の共通テストではどのように出題されるのか、どこに注目すれば問題を正しく解くことができるのかを確認しましょう。

 問題を解いていると、授業で聞いたのに忘れてしまったところ、自分では理解していたつもりでもそれがあいまいだったところが見つかると思います。そのときは、解説を丁寧に読みながら、教科書やノートを見直して、しっかり理解しておくこと。そして「なんとなく正解した問題」に気をつけてください。これを見直さずに放っておくと、試験本番で似たような問題が出題されたときに、取りこぼしてしまう可能性が出てきます。

 問題演習をやるとどうしても点数が気になりますが、一喜一憂せず、あくまでも自分の中であいまいだったところを修正することに重きを置きましょう。

新高3・2生 のキミへの学習アドバイス

 英語や数学にまだまだ不安がある、そんな皆さんは、まずは地理よりもそちらに時間をかけてほしいと思います。

 それでも、地理を早くからはじめておきたいという人は、教科書や資料集の自然環境(地形や気候)の分野に目を通すことをおススメします。自然環境の分野は地理を理解するための基本になるところです。今の段階でしっかり理解できていると、農林水産業や鉱工業など、ほかの分野の理解も早くなりますよ。

 地理では、最低限の国名や地名を知らないと、効率よく学習を進めていくことができません。早い時期から地図帳や白地図などを利用して、位置とともに覚えておくと、受験学年になったときに必ず役に立ちます。学校で地理の授業がある場合は、地図帳を広げながら先生の話を聞く習慣をつけておくと効果的ですよ。