難関大目指して共通テスト得点率共通テスト80%以上!

難関大目指して共通テスト得点率共通テスト80%以上!
難関大目指して共通テスト得点率共通テスト80%以上!

難関大目指して共通テスト得点率共通テスト80%以上!

 いよいよ迎える夏本番。目前に迫った夏休みは、1年で最も学習時間を確保でき、志望校合格に向けて一気に駆け上がるチャンスだ。一方で、無計画な学習は効率が上がらず習慣化もしにくい。大学受験から逆算した計画的な学習をこの夏から始めよう。今号は、難関大現役合格者の昨年の夏の成績と共通テスト本番の得点を分析した。一つの大きな指標として参考にしてほしい。


共通テストレベルの完成 全科目で80%以上の得点率!

 資料1グラフは、今年の難関大現役合格者の高3・8月時点の「共通テスト本番レベル模試」と共通テスト本番の平均得点率である。

 8月の得点に注目すると、東大現役合格者の平均得点率は5教科7科目81.4%、東大を除く旧七帝大+3では70.5%であった。難関国立大を目指すのであれば、英語・数学・国語はもちろん、選択科目の理科や社会も8月の時点で80%以上の得点を目標に学習に取り組みたい。

 では私立大学はどうだろうか。3教科3科目での平均得点率は早慶で76.1%と8割に迫る得点率だ。上理明青立法中は67.5%、関関同立は65.3%と7割を超えることが8月の時点での一つの指標と言える。

 8月時点までに共通テストレベルの学力をしっかりと身につけていた受験生は、本番ではさらに得点を積み上げ実力を発揮していたことがわかる。難関大現役合格のために8月20日(日)の「共通テスト本番レベル模試」では、夏の成果目標として8割を超える得点を目指そう。その前に「早慶上理・難関国公立大模試」、「全国有名国公私大模試」が7月16日(日)に実施される。共通テスト対策と同時に、志望校までの距離を把握することでこの夏の目標が見えてくるはずだ。「いつまでにどの科目・単元の学習を行うか」、「どのように志望校対策するか」を夏の計画を立てる一助としてほしい。


部活生72.9%が高3引退!部活も勉強も全力投球!

 高3の部活生はまさに引退のピークを迎えていることだろう。東進タイムズ編集部が行ったアンケートによると、難関大現役合格者のうち部活生は87.0%であった。うち、45.0%が高3の1学期に引退、夏以降まで部活を続けた高校生も27.9%と高3引退が多数派の72.9%だ。

 部活で鍛えた体力・集中力・忍耐力は必ず受験にも生きてくる。東進では「夏期特別招待講習」が7/31まで申込受付中だ。迷うよりここまで来たら行動あるのみ。受験までに与えられた時間はみな平等だ。来年の春を笑顔で迎えることができるよう、今、行動を起こそう。


画像説明
画像説明

<資料について>

資料1 2022年8月「共通テスト本番レベル模試」を受験した高3生のうち、以下の大学に現役合格した生徒の成績を集計。東京大学、東大を除く旧七帝大+3(京都大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、東京工業大学、一橋大学、神戸大学)、早慶(早稲田大学、慶應義塾大学)、上理明青立法中(上智大学、東京理科大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、法政大学、中央大学)、関関同立(関西学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学)

資料2 2023年合格発表直後アンケートより。

新課程入試について 全国 学校のお天気 大学案内 大学入試偏差値ランキング 過去問データベース 入試日程カレンダー 大学入試科目検索システム
    東進ドットコム > 難関大目指して共通テスト得点率共通テスト80%以上! TOSHIN TIMES > 難関大目指して共通テスト得点率共通テスト80%以上!
LINE twitter Instagram Facebook