共通テストニュース 新課程入試について

就職から見た大学選び⑦

就職から見た大学選び⑦
就職から見た大学選び⑦

 本記事は「就職から見た大学選び⑥」の続きの内容です。

こちらも併せてご覧ください。


■就職活動は大学選びから始まっている

 大学選びの際に最も重要なのは、自分が「学びたいこと」が学べるかどうかである。次いで重要なのは、大学での学びが将来の目標(就きたい職業)へつながっているかである。


 皆さんが受験しようとする大学が、将来の目標に合った学部や学科を設け、適切な「キャリア教育」を行っているかを調べ、大学を選ぶべきだ。


■大学におけるキャリア教育

 大学が行うキャリア教育の役割は2つある。1つは、主に1年次を対象とした、個々の適性を知り就職の動機づけを行うキャリア支援である。


 具体的には自己発見診断テストやインターンシップを通して多様な業種・職業を見出し、具体的な進路を検討する機会を用意することである。もう1つは、3年次以上を対象とした就職支援活動である。企業説明会やOB・OGによるガイダンスのほか、エントリーシートや論文・作文の書き方指導、面接対策、資格取得講座など、就職活動に不可欠な指導を行う。

 

こうしたキャリア教育を適切に行うことにより、就職先のミスマッチを避けることもできる。


 

さて、図2は明治学院大のキャリア支援の内容である。同大では、教育目標の1つとして、「キャリアをデザインできる人間の育成」を掲げており、1年次から学ぶことのできる授業科目として「ヘボン・キャリアデザイン・プログラム」が用意されているのが特徴的である。


 また、1年次には、「キャリアオリエンテーション」、「1年生向けキャリアガイダンス」、2年次には「2年生のためのキャリアガイダンス」、「大学院進学」「教員」「公務員」「民間企業」等進路別のガイダンスを実施され、進路・職業との接続が図られている。3年次からは進路決定に向けて、具体的な準備がスタートする。公務員セミナーの公務員採用試験対策講座、教員キャリア支援課の教員採用試験対策講座がスタート、キャリアセンターの就職活動とインターンシップのためのガイダンスや5月以降はエアライン、広告・メディア等人気職種の就職支援講座「MGキャリア講座」や「就活ステップアップ講座」が順次行われる。4年次には公務員採用試験や教員採用試験に向け、直前期の課外講座や個別指導が実施され、キャリアセンターでは学生への個別支援が継続される。1年次から4年次まで手厚い支援が行われている。

明治学院大 キャリア支援スケジュール

 キャリア教育は、大学の評価につながる重要な要素であり、各大学が独自の工夫をしている。興味・関心がある大学について、入学案内やホームページ、オープンキャンパスなどを活用して各自確認してほしい。

新課程入試について 全国 学校のお天気 大学案内 大学入試偏差値ランキング 過去問データベース 入試日程カレンダー 出願速報 大学入試科目検索システム
    東進ドットコム > 就職から見た大学選び⑦ TOSHIN TIMES > 就職から見た大学選び⑦
LINE twitter Instagram Facebook