共通テストニュース 新課程入試について

受験勉強いつ、何からどう始める?②

受験勉強いつ、何からどう始める?②
受験勉強いつ、何からどう始める?②

本記事は受験勉強いつ、何からどう始める?➀の続きの内容です。こちらも併せてご覧ください。

 

 難関大に現役合格したOB・OGは何がきっかけとなって、どのように受験勉強を本格スタートしたのだろうか。それぞれの志望校に向けてどのようなエピソードがあったのか、ぜひ参考にしてほしい。

周囲の学習意識の高さが机に向かうきっかけに

 東進に入学したのは高2の7月でした。オーケストラ部にのめり込み、勉強モードとは程遠かった私と対照的に周りの友人の意識がとても高く、このままではまずいと感じたのがきっかけでした。最初に手をつけた科目は英語と数学。漠然と理系を志望していた私にとって、受験の基盤となるこの2科目の基礎力アップが最優先課題でした。

 英語は私が最も苦手としていた文法のインプットを最優先し、東進に入学する前から続けていた英単語の暗記にも毎日取り組みました。また日常的に英語に触れるために家では音読も欠かさず行いました。知識不足を痛感していた数学は、概念の理解や基本問題の解き方からスタート。東進で講座を受講する際は、どんどん先へ進むよりも一つの授業に時間をかけて授業内で理解することを心がけ、授業後は復習用の問題を解いて演習量を確保しました。

毎日東進〟を続けて生まれた集中力

 東進入学当初は部活後に東進に行き、閉館までの2時間半で講座を受け、帰宅後に残りの英語学習という流れでしたが、これを毎日続けたことで、徐々に身体が長時間の勉強に慣れていきました。部活引退後に長時間机に向かうようになってからも集中力を持続できたのは、部活が終わったら東進に行くというルーティを確立できたことが大きかったと感じています。

新課程入試について 全国 学校のお天気 大学案内 大学入試偏差値ランキング 過去問データベース 入試日程カレンダー 大学入試科目検索システム
    東進ドットコム > 受験勉強いつ、何からどう始める?② TOSHIN TIMES > 受験勉強いつ、何からどう始める?②
LINE twitter Instagram Facebook