入試の多様化②

入試の多様化②
入試の多様化②

本記事は入試の多様化①の続きの内容です。こちらも併せてご覧ください。


 学校推薦型選抜の特徴は、出身高校の校長の推薦を受け、主に調査書や面接等で合否を判定する入試制度である。総合型選抜との最大の違いは、校長による推薦の有無だ。また、学校推薦型選抜では、小論文や、プレゼンテーション、口頭試問などの各大学が実施する評価方法もしくは共通テストの少なくともいずれか1つによる学力評価を必須とされている。

 以下、学校推薦型選抜の仕組みを説明する。学校推薦型選抜は、大きく「指定校制」と「公募制」に分けられる。それぞれの特徴と受験のポイントを見ていこう。


1 指定校推薦制度

 指定校制推薦は、主に私立大学で実施されており、国公立大学ではほとんど設けられていない。そして、大学から推薦枠をもらった高校からしか出願できない。まずは、自分の通っている高校が志望大学の指定校制推薦の対象になっているかどうか確認する必要がある。指定校は1年ごとに変更されることがあるからである。また、高校ごとの推薦枠の人数も決まっているので、推薦を受けるためには、校内選抜で高校の代表に選ばなければならない。すなわち、指定校制推薦の競争相手は、同じ高校に通う同級生ということになる。校内選抜の基準は高校によっても多少異なるが、基本的に高1から高3の1学期までの成績(学習成績の状況(以前の評定平均値))が重視される。また、部活動や生徒会活動など、学業以外の活動や、出席日数、授業態度など、総合的に学校の代表としてふさわしい生徒かどうかが評価の対象になる。したがって、日々の努力が重要である。

 また、指定校制推薦は、大学と高校との信頼関係のもとに成り立っている制度であり、入学を辞退することはできない。本当に自分の行きたい学校かどうかを前もって十分に調べておき、後悔のないようにしよう。さらに、指定校制推薦で推薦を受けるということは、高校の代表になるということである。例えば大学入学後の成績が悪いと、翌年以降推薦枠の見直し(高校が指定校からはずれること)もあり得る。後輩に迷惑をかけないためにも、自覚をもって推薦を受けるようにしよう。


 

2 公募制推薦

 公募制推薦は、大学が求める出願条件に合致すれば、どの高校からでも出願することができる。大学・学部ごとに出願資格が異なるので、自分が出願資格を満たしているかどうか、募集要項で必ず確認しよう。

 出願資格は主に、高1から高3の1学期までの成績(学習成績の状況(評定平均値))、出席日数、部活動・生徒会活動、資格(英検など)、ボランティアなどの実績などである。通常、国公立大学では「全体の学習成績の状況(全体の評定平均値)」4.0以上や「学習成績概評」Aが要求されていることが多い。私立大学では「全体の学習成績の状況(全体の評定平均値)」3.5以上、「学習成績概評」B以上としているところが多いが、難関私立大学では国公立大学と同様の基準となっている場合もある。(「学習成績の状況」「学習成績概評」はコラム参照)

 選考は、志望理由書や調査書、推薦書などの書類審査と、面接試験、小論文試験などによるものが多い。共通テストを課す場合もある。国公立大学の学校推薦型選抜は公募制がほとんどで、私立大学に比べて募集人員も少ない。

 また、地域枠推薦やスポーツ推薦などさまざまな種類がある。医学部医学科では、地方の医師不足緩和のため、卒業後に一定期間地元の医療に従事する等の条件で、地域枠推薦が実施されている大学もある。スポーツ推薦では、実技試験が課される場合が多い。関西地区の私立大学では、公募制推薦の志願者が増加傾向にある。表2は、入試難易度で関関同立(関西学院大・関西大・同志社大・立命館大)に次ぐ、産近甲龍(京都産業大・近畿大・甲南大・龍谷大)の公募制推薦の志願者・合格者の推移である。ことに甲南大は、志願者数で前年度比181.8%、合格者数で前年度比167.9%と前年に引き続き急増している。関西地区の公募制推薦は、他大学との併願ができること、合格発表が早期であることから、受験生の人気を集めている。

 なお、自己推薦を実施する大学もあるが、校長の推薦を必要としないものであるため、厳密には学校推薦型選抜には含まれず、総合選抜に分類される。


新課程入試について 全国 学校のお天気 大学案内 大学入試偏差値ランキング 過去問データベース 入試日程カレンダー 大学入試科目検索システム
    東進ドットコム > 入試の多様化② TOSHIN TIMES > 入試の多様化②
LINE twitter Instagram Facebook