入試の多様化④ 英語外部試験利用入試編

入試の多様化④ 英語外部試験利用入試編
入試の多様化④ 英語外部試験利用入試編

 本記事は入試の多様化➂の続きの内容です。こちらも併せてご覧ください。

 

 英検やTEAPなどの英語の外部試験(資格・検定試験、外部検定とも呼ばれる)を利用する、英語外部試験利用入試の導入が国公私立大学に広がっている。外部試験として採用されるのは「ケンブリッジ英語検定」「英検」「GTEC」「IELTS」「TEAP」「TEAP CBT」「TOEFL iBT」「TOEIC」の8種類だが、大学・学部・学科によって採用しない試験もあるので注意しよう。これらの試験は、英検のように日本の団体が主宰するものもあれば、TOEFL iBTのように海外の団体が主宰し、海外の受験者が多い試験もある。

 グローバル化の進展により、異文化理解や異文化コミュニケーションはますます重要になり、英語力の向上が求められ、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能の習得が必要とされている。文部科学省も「平成27年度大学入学者選抜実施要項」からは、4技能を測るため、外国語の外部試験の活用を促している。

 2021年度の共通テストにおいて、英語外部試験活用のための「大学入試英語成績提供システム」が導入される予定が見送られたが、各大学の個別試験や総合型・学校推薦型選抜においては、英語外部試験を利用した入試が数多く行われている。

 大学によって利用できる英語外部試験は異なり、利用方法も得点加算や得点換算、出願資格などさまざまであるため、詳細は募集要項などで各自確認しよう。

 最新情報については、大学のホームページや募集要項などで各自確認しよう。


新課程入試について 全国 学校のお天気 大学案内 大学入試偏差値ランキング 過去問データベース 入試日程カレンダー 大学入試科目検索システム
    東進ドットコム > 入試の多様化④ 英語外部試験利用入試編 TOSHIN TIMES > 入試の多様化④ 英語外部試験利用入試編
LINE twitter Instagram Facebook