夏期特別招待講習(夏期講習) 全国統一高校生テスト

合格を勝ち取った 勝負の夏の過ごし方

合格を勝ち取った 勝負の夏の過ごし方
合格を勝ち取った 勝負の夏の過ごし方

合格を勝ち取った 勝負の夏の過ごし方

受験生にとって夏は受験の天王山と言われるほど重要な時期だ。苦手克服、過去問演習、志望校対策など一つひとつゴールを意識しながら取り組んでいこう。一方、高2生・高1生にとっても、一年で一番自由な時間が与えられ、その過ごし方次第で未来が変わる可能性だってある。東進で現役合格を勝ち取った先輩の本音のトークから、参考にできるポイントがあればぜひ取り入れほしい。

朝は軽めの学習で一日の風向きを追い風に

  
座談会メンバー
  

各学年の夏休みはどうやって過ごした?

間宮 高2の夏休みは部活後にとりあえず東進!

村松 私は、部活がない日には朝から東進。あと夏休みはオープンキャンパスに行ってる友達が結構いたな。

小泉 高3は勉強で手一杯になるし、僕も高2のうちにオープンキャンパスに行ったよ。

間宮 私は焦って高3で行ったから、オープンキャンパスは絶対高2までに行った方がいい。大学選びもすごく大事!

北村 オープンキャンパスの日じゃなくて、普段の大学に行って資料をもらうのもアリだよね。

江原 ふらっと大学を見学する方が日常の雰囲気が分かっていいかも。

間宮 高3になるとオープンキャンパスに行く余裕もなくなるからね。

北村 私は高3になっても焦らず過ごせましたよ(笑)。

間宮 北村さんはそんな感じだった(笑)。みんなは高3の夏はどうだった?

村松 受験期を通して感情に振り回されたくなかったので、いろんな出来不出来に左右されないようにしていたかな。

北村 夏休みは、制服ではなく私服で東進に行くのがなんか楽しくて、朝から登校していた。

間宮 すごい気持ちに余裕があるね(笑)。

北村 夜にスマホとかを見て夜ふかしせずに、楽しみを朝に持ってくるようにしたんです。

間宮 私は一切服に関心を払わずに、ボロッボロの服で顔だけ洗って行ってたのに(笑)。でも開館30分前には東進に着いて単語帳を見たりして、誰よりも早く東進に来てるっていう事実をモチベーションにしてた。だからこそ、朝から夜まで勉強を続けられたと思う。

小泉 僕は集中力があるときとないときでやることを分けてた。集中できる時間は演習に充てて、集中力が切れてきたなと感じた時間は単語帳を読んだり、化学の教科書のポイントをノートにまとめたりしていたかな。

江原 僕も集中できなくなったら場所を変えたり休憩したりしていたよ。

間宮 私は15分ぐらい仮眠をとった。

村松 私は担任助手の先生に勧められた漢字練習。

北村 私も帰宅前15分は漢字練習! 一番疲れたところで無心に漢字を書くようにしていた。

間宮 私はむしろ勉強を始める第一段階が漢字。それがスイッチだった。

江原 僕も頭が回ってない朝は数学の基礎的な計算を解いていたな。

村松 あとはスキマ時間に高速マスター基礎力養成講座の「今日のコラム」。現代文の並び替え問題を読んで頭を冷ましていた。

江原 理系なら化学の単位変換とかで基礎の再確認するような感じだね。それで自信をつけるというか、その日一日の風向きを良くしていくみたいな。文理共通でいえば英単語もいいかもね。

間宮 夏こそちょっと集中力が切れたときに、どれだけ基礎を固められるかってことだね。 

モチベ部活との両立
新課程入試について 全国 学校のお天気 大学案内 大学入試偏差値ランキング 過去問データベース 入試日程カレンダー 大学入試科目検索システム
    東進ドットコム > 合格を勝ち取った 勝負の夏の過ごし方 TOSHIN TIMES > 合格を勝ち取った 勝負の夏の過ごし方
LINE twitter Instagram Facebook